過剰借入に要注意

バツ多重債務や借金返済に追われている方の多数が、過剰借入が主な原因となっています。
 
例えば1万円で足りるところを3万円、5万円と多めにキャッシングをする事で、のちの支払いが難しくなり、再度キャッシングを行ったり他社のキャッシングを契約し、支払いを補ったりと負のループを繰り返し、債務が膨れ上がってしまうのです。
 
キャッシングは借金です。
生活を切りつめて、どうしても足りない部分だけを補うようにして利用していくと、キャッシングは主婦にとって大きな味方になっていきます。
特に自分の自由になるお金の少ない専業主婦は、キャッシングの利用の際は返済までの計画をしっかり立てましょう。
安易な考えや行動がのちの自分たちの生活を脅かすのです。
 
また、キャッシング専門会社は信用度が上がるとキャッシングできる利用上限金額を数倍まで引き上げてきます。
これに甘えてしまうと、キャッシングに対する債務の危険意識が低下し、過剰借入に陥ってしまう可能性があります。
 
もしも可能であれば利用上限額の引き上げは断り、最低利用可能額で抑えるように心がけましょう。
キャッシングを常用化する事も危険意識の低下に繋がります。
なるべく毎月の生活費だけで賄えるよう工夫していきましょう。
 
家族や友人に相談しながらキャッシングを利用する事が一番過剰借入をしにくい方法ですが、もしも相談できず内緒で行うのであれば、すべて自己責任になりますので、冷静な判断と意識が重要になってきます。
クレジットでもキャッシングでも、ご利用は計画的に行いましょう。

このページの先頭へ