家族の同意と秘密

ノートパソコンを使う女性専業主婦の場合でも審査が受かりやすいのは家族の同意があった場合です。
 
特に配偶者である旦那さんの同意があると返済能力は旦那さんの給与に関係してくるので、月々安定した給与があると返済能力は高く判断されます。
 
しかし、キャッシングに同意してくれる旦那さんは少なく、大抵の主婦の方は家族や友人に内緒で利用しに来ています。
家族に内緒でキャッシングの申込みを行う際、注意しておくべき点は秘密である旨を必ず伝えることです。
 
特にインターネットでの審査の場合、契約書や必要書類の受け渡しは郵送で行う会社が殆どで、審査に受かった場合のキャッシング用のカードも郵送で手元に届きます。
そのためその書類が家族に見つかってしまった場合、キャッシングを利用していることが知られてしまう可能性が高くなるのです。
事前に秘密だという点を伝えることで、受取場所を郵便局の窓口に変更したり、時間指定で受けとれるようにしてくれたりと様々な配慮をしてくれます。
 
窓口での申し込みの際でも、本人確認の電話が自宅にかかってきますが、秘密だという点を伝えておくと、本人しか自宅にいない時間に確認の電話を入れてくれますし、利用明細書も郵送ではなくネットで確認できるようにしてくれるなど会社側も秘密に関してはしっかり守ってくれるので安心です。
 
しかし支払いに滞納や遅延が生じた場合は確認の電話や督促状が届き、家族に知られてしまう可能性がありますので、キャッシングした場合は返済期日をしっかり守って返済しましょう。

このページの先頭へ