利息とは

利息は簡単に説明すると、借りた人が返す方に支払う謝礼金のようなものです。
 
利息は借りているお金に対してかかるもので、クレジットやカードローンの広告に掲載されている金利や利率というのも同じものです。
この金利や利率はパーセンテージで表記されます。
このパーセンテージは借りたお金にかかり、1年間の利子の割合を指します。
 
例えば金利が12%の会社で120万円を借りて1年間で返済しようとすると、支払額は月々11万円。
謝礼金に当たる利息も含めて、1年間で支払う金額は132万円という計算になります。
 
過去にはこの利息が高く、毎月利息分しか払えずに長年借金返済に苦労した利息の払い過ぎによる過払いというのも問題になっていました。
現在、借りたお金に対してかけてもいい利率は法律で決められています。
借りた金額が変動しない住宅ローンやマイカーローンの場合、契約の際に支払額と金利を足した金額を決められた年数で割り、月々の支払う金額を固定にすることが出来ますが、カードローンやクレジット、キャッシングは毎月金額が変動します。
 
その為、毎月金利が変動するので使いすぎるとその分金利も上がってしまいますのであまり使い過ぎないよう注意が必要です。
 
また、支払い回数が少ないほど利息はかかってきませんし、一定期間は利息がかからない無利息期間を設けている会社もありますので、ご自身の借りたい金額、借りる会社の利率、返済予定などしっかり計画を立てて借りるようにしましょう。


専業主婦でも借りれるおすすめのキャッシングはこちら

このページの先頭へ