専業主婦が借り入れするには TOP > 主婦借り入れの基礎知識 > クレジットとキャッシングの違い

クレジットとキャッシングの違い

クレジットカードクレジットにキャッシュ機能のついたカードを持っている方もいるかもしれませんが、キャッシングとクレジットは利用出来る内容が違います。
 
クレジットは簡単に言うと後払いのシステムで、商品を購入する際にカードを使用すると後日指定された日付に既定の銀行から利用料金が引き落とされます。
 
クレジットカードは、まとまったお金を持ち歩く必要がないので大きな買い物や複数の店舗で買い物をする際にとても便利です。
また支払い方法も一括の支払い以外に分割や月々一定額の支払いをするリボ払いなどもあり、自分の生活スタイルに合わせて支払額を決めることが出来ます。
最近ではポイントが付くカードも多く、貯まったポイントで商品と交換する事や支払額に充填することもできて大変便利です。
 
キャッシングの場合、商品ではなく現金で受け取る事を指します。
専用のカードで、限度額の範囲内であれば現金を引き出すことが出来、翌月指定された日付で既定の銀行から一括で引き落とされます。
 
最近ではキャッシングの支払いも分割払いをすることが出来るようになり、限度額内であれば支払いが滞らない限り借り続けることが出来ます。
その間利息や支払いが滞った場合の遅延損害金は発生しますが、利息が一定期間かからない会社もありますので、自分自身に合った会社を選ぶことが大切です。
 
買い物などでオススメはクレジットカードですが、香典や祝儀や支払いといった、まとまった現金が必要な時はキャッシングを利用するのが一番です。


専業主婦でも借りれるおすすめのキャッシングはこちら

このページの先頭へ